川の一斉水質調査を行いました

2006年7月25日 16時00分 | カテゴリー: トピックス

7月23日(土)に生活クラブ運動グループの仲間たちと、
東京の川の一斉水質調査を行いました。板橋区内では、
 新河岸川は、芝原橋と新河岸大橋
 石神井川は、仲宿商店街の板橋、大谷口北町
の学校橋で調査を行いました。

 川の水をすくい上げて「川の調査キット」でその場でアンモニア体窒素、亜硝酸体窒素など5項目を調べました。
その後の調査結果を東京全体でまとめ地図を作成し、11月には報告集会を予定しています。

・川の水をくみ上げるための容器を手作りしましたが、最初は重りが足りなくて容器に水がうまく入らずに苦労しました。
水面までの距離が思ったよりありました。
・日頃、川を観察することなど無かったので、水が意外ときれいだったこと、いろいろな魚や動物が生息していること等がわかって楽しかった。
・新河岸川は海水も混じっていることや、外来のブラックバスや、ブルーギアと一緒にうなぎや鮎も生息していること等を釣り人からうかがってびっくりした。(参加者の感想)

板橋・生活者ネットワークでは、新河岸川に浄水場で処理した水が放流されている(写真参照)ことから、水再生センターの見学会を8月25日(金)に行います。
詳しくは当ホームページのお知らせをご覧ください。