水再生センターの見学に行ってきました。

2006年8月29日 15時50分 | カテゴリー: トピックス

 8月25日(金)東京都の水再生センター(下水処理場)の見学に行ってきました。当日は朝大雨が降り心配しましたが、暑くも無くちょうどいい見学日和となりました。
 参加者は大人7名、子ども13名(赤ちゃんが1名)でした。水再生センターの方が丁寧に施設内を案内してくださいました。
 
 水再生センターの3つの役割は、1つは家庭や工場からの汚れた水をきれいにする。1つは、浸水から街を守る。もう1つは、地球環境を守る。下水を処理し、きれいな水を放流することで川や海を守り、再生水や汚泥等のリサイクル、未利用エネルギーの活用などです。

 水をきれいにするために微生物が活躍しています。同センターでは24時間体制で20種類以上もいる微生物が元気に活躍するために見守っているそうです。

 日本の下水処理場の能力は1時間当たり50ミリの雨までしか
対応できません。今後、地球温暖化が進むにつれ集中的な豪雨は
ますます各地で起こりえます。
 そんな中、私たちができることは何でしょうか?
雨水の利用など各家庭単位で考えなくてはいけない時が
もう来ているのではないでしょうか? 

油はくれぐれも下水に流さないでね!