パブリックコメントをご存知ですか?

2008年10月20日 15時44分 | カテゴリー: トピックス

区は、いろいろな事業計画を進めるにあたって、区民に向かって区報などで「パブリックコメントを募集しています」と言っています。しかし、パブリックコメントって何だろう?と思っている方もいると思います。事業計画を私達の生活に沿ったものにするために意見を提出しましょう。

*パブリックコメント(Public Comment、意見公募手続)とは、公的な機関が規則あるいは命令などの類のものを制定しようとするときに、広く公に(=パブリック)に、意見・情報・改善案など(=コメント)を求める手続をいう。公的な機関が規則などを定める前に、その影響が及ぶ対象者などの意見を事前に聴取し、その結果を反映させることによって、よりよい行政を目指すものである。通称パブコメ。

 板橋区では現在「第4期板橋区介護保険事業計画」の「中間のまとめ」のほか「東京都板橋区小規模壱住戸が集合する建築物の建築と管理に関する条例骨子(案)」[赤塚地区市街化整備方針(素案)の公表と、これに対してのパブリックコメントが募集されています。提出された意見に個別の回答はありませんが、意見の検討を終えた後、意見の内容および意見に対する区の考え方が公表されます。(郵送・ファックス・Eメール・専用はがきにてそれぞれの担当部署あてに。くわしくは10月18日号広報いたばしをご覧下さい)

パブリックコメントは区民の意見を最も適切なときに適切な部署に伝えられるチャンスです。利用者、住民の観点で見て、よりよい計画になるように、こういう機会を逃さずに、区民からも積極的に意見を述べて働きかけましょう。

パブリックコメントは区政だけでなく、国政にもあります。ぜひ注意して見て下さい。