ネットレポート73号を発行しました。

2010年7月26日 13時05分 | カテゴリー: トピックス

「高い費用が問題 子ども向けワクチン」
最近相次いで子ども向けの感染症ワクチンが承認され、接種が始まりました。Hib(インフルエンザ菌b型 通称ヒブ)ワクチン、肺炎球菌ワクチン、子宮頸がん予防ワクチンの三種類です。ワクチンにはそれぞれ接種に適した年齢や、予防効果をえるための接種回数があります。しかし、接種費用が高額で、所得格差が健康格差につながりかねないという声が医師や患者などから上がっています。接種費用の助成を要望しています。

6月定例議会は、6月8日から24日までの会期17日間で行われ、議案19件、陳情10件を審議しました。
 
〜一般質問から〜
 特別支援学級のある小・中学校の体育館は、優先して暖房施設を。障害を持った子ども達は体温調節が難しく、寒い体育館での授業や行事などで健康を害することが多いので暖房設備の設置は学校関係者、保護者から強い要望が以前からありました。優先して暖房設備の設置を進めることを提案しましたが、体育館の改築.改修に合わせて整備していくとの答弁でした。引き続き取り組んでいきます。
〜議案〜
「板橋区ホームヘルプ支援事業に関する条例」について共同提案
介護保険法に規定する介護サービスだけでは、在宅で生活することが大変な高齢者に、介護保険とは別に板橋区独自のホームヘルプ支援事業を実施し、要介護者・要支援者の生活機能の改善と、在宅生活の継続を支援し、社会参加を促進するとともに、同居家族の介護負担を軽減することを目的に、新に条例制定をする提案を共産党区議団と一緒に行いました。