ネットレポート76号を発行しました。

2010年12月21日 15時26分 | カテゴリー: トピックス

活動報告は「地域に、中学生・高校生の居場所を」です。
 1997年に全国に先駆けオープンした、中・高生世代を対象とする杉並区児童青少年センター「ゆう杉並」の活動がきっかけとなって、中学生や高校生が放課後や休日を過ごせる場所を整備する取組みが全国各地で広がっています。
 都内では、豊島区の「ジャンプ池袋」をはじめ、練馬区、目黒区、品川区、狛江市、調布市など相次いで中高生向けの児童館がオープンしています。11月12日に板橋・生活者ネットワークの横山れい子と同政策委員の五十嵐やす子ほか区民のみなさんで、全国から視察が相次いでいる「ゆう杉並」を見学しました。

 9月定例会議は、9月29日から11月5日までの会期38日で行われ、議案21件、陳情7件を審議しました。

 平成21年度一般会計、特別会計(老人保健医療、介護保険、後期高齢者医療)の決算審査は10月25日、26日、29日、11月1日、2日に行われ、生活者ネットワークは課題はありますが、認定に賛意を示しました。
 ・障がいを持つ人への就労支援の充実を求めて
 ・有害物質の適正処理を〜大量水銀で清掃工場停止〜
 ・ヒブワクチン接種費用助成〜来年度予算化へ

「情報公開制度」使ったことありますか?

ネットレポートはご希望の方に無料でお分けしています。ごらんになりたい方は、板橋ネットまでご連絡下さい。