市民の議席を獲得することが出来ました。

2011年5月9日 15時38分 | カテゴリー: トピックス

 4月24日の統一地方選挙では、お蔭様で市民の為の議席を獲得することが出来ました。

 政治不信の影響が大きくでた選挙であったと感じました。
それだけに市民のローカルパーティである生活者ネットワークに期待を掛けていただいているということですので、肝に銘じて活動をすすめてまいります。今後ともご指導のほどよろしくお願いいたします。
 
 今回の選挙で私達は、”初めてのローテーションを成功する”という使命を持ち、臨みました。3期12年市民のために務めた横山れい子さんからローテーションすると言うことは、それは大変なことでした。12年の中で「生活者ネットワークの横山れい子」で根付いた認識を、あらたに「生活者ネットワークの五十嵐やす子」にしてもらわなければいけなかったからです。
 
 3月11日の大震災のあと余震も続く中、毎日毎日今回の震災の聞き取りアンケートに歩く五十嵐には、こちらも頭が下がりました。まだまだ不安の中にもかかわらず、ご協力いただいた方々には、本当に感謝をしています。ありがとうございました。
 アンケートの回答は100通を超え、これからの防災マニュアル作りなどに区民の意見として生かしていきます。(アンケートの結果は後日公開します)
 
 家を守り、家族を守り、実際に生活の要になるのは女性です。女性の意見をもっともっと区政に届け、生かしていきたいと強く思いました。

 区民のみなさんからの生活の中からのご意見・ご要望を是非お寄せ下さい。そしてより暮らしやすい”いたばし”に一緒にしていきましょう。

 私達も生活者の視点を大切にし、議会レポートやホームページなどで発信していきます。

 最後にお願いがあります。私達、生活者ネットワークは、議員を職業化しない、議員特権はいらない、そして何よりも「いつまでも市民感覚を忘れない!」ということでローテーションをしています。そのためにも、いつまでも「お隣の五十嵐さん」の感覚でいて欲しいので、決して「先生」とは呼ばないで下さい。「五十嵐さん」でお願いします。あくまでも市民の「代理人」なのですから。

 横山れい子さん12年間本当に有難うございました。
 議員生活で得たたくさんの見識を元に、これからもよきアドバイザーとして、生活者ネットワークと共に活動してまいりますので、みなさまどうぞよろしくお願いします。

             板橋・生活者ネットワーク 事務局