9月19日水辺の調査報告

2013年10月7日 13時34分 | カテゴリー: トピックス

9月19日台風一過の晴天のもと、水辺の調査を行いました。
 当日は、爽やかな風が吹き、調査をするにはとても心地よい日で、3名の参加者が集まりました。
 まず始めに、見次公園から。
かるがも一家が子育てをしているあたりの水をすくい調査をしました。(見次1)

見次公園の池の水は、かなり緑色に濁っており、少し臭いがありました。 池には、かるがものほか、カメ、フナ、えび、くちぼそなどがおり、30名程の釣り人が、釣りをしていました。

次に、池の水の排水口のあたりの調査です。(見次2)

どちらもほぼ同じ結果が出ました。
COD(科学的酸素要求量)がかなり高いようでした。
池の排水設備がところどころ不具合があり詰まっていることなど、釣り人から聞きました。  水の循環がうまく出きれば、池の水がもっときれいになるのではないでしょうか。


3か所目は、板橋(石神井川)です。
川底が10M程下にあるため、水汲みには苦労しました。 小さなバケツに紐をつけ、中に重りの小石を詰めてゆっくりと下へおろします。

板橋の近くの川底に白鷺がいました。
肉眼では見えませんでしたが、餌になる魚がいるのでしょうか。

 

調査の結果、見次公園より、いろ鮮やかになりました。

 

 

4か所目は、学校橋(石神井川)です。 この橋は、板橋から2km程上流にあります。 ここでもやはり、水汲みは、大変で、下の様子がよく見えないため、何回も水の汲み上げに挑戦しました。

 

水質調査の結果は、さらに色鮮やかとなりました。

 学校橋から板橋までは、わずか2kmしか離れていないのに、NO₃(硝酸態窒素)とNH₄(アンモニウム態窒素の数値がかなり増えています。 
もっと上流や下流の数値もどんな様子か興味深く思いました。

 

今年は、板橋では久しぶりの調査となりました。
 来年は、たくさんの方々と調査活動をしたいと思います。夏休みに実施できれば、お子さんの参加もでき、夏休みの宿題にもなるかと思います。
 来年は、早めに企画をしてお知らせします。ご期待ください。

水辺の調査報告
2013年9月19日実施
天気 晴れ
気温 

 

見次1

見次2

板橋

(石神井川)

学校橋

(石神井川)

COD

科学的酸素要求量

8以上

8以上

8以上

NH4

アンモニウム態窒素

0.5

 

0.5

0.5

0.2

NO2

亜硝酸態窒素

0.005

0.005

0.02

0.02

NO3

硝酸態窒素

0.2

0.2

10

PO4

リン酸態りん

0.1

0.1

0.2

0.2

気温

 

 

 

 

その他

かるがもがいる所、水が緑色であった。

池には、かめ、ふな、えび、くちぼそがいた。

 

橋から白鷺が見えた。