えねぱそ

2013年10月8日 17時43分 | カテゴリー: トピックス

板橋・生活者ネットワークでは、「えねぱそ」を500KWh購入しました。 8月に五十嵐議員が参加したスタディ・ツアーで訪れた、秋田県にかほ市にある、風車「夢風」から作られた電力相当分です。
 今日、「グリーン電力証書」が届きました。

 

 

2012年度の夢風の発電実績は4,615,532kWh。生活クラブの各事業所で使った電力以上を発電しました。そこで、余剰分の269,251kWhの夢風の環境価値を、「えねぱそ(=個人向けグリーン電力証書)」のしくみを使って、組合員限定で販売します。2016年に家庭が電力会社を自由に選べるようにする「電力小売りの全面自由化」が実施される予定です。自由化されると、各家庭で自然エネルギーを購入することができるようになります。しかし、「本当に自然エネルギーを選ぶ人がいるのか?」という疑問が、業界の人々の間でささやかれています。今回の「えねぱそ」の取組みは、「自然エネルギーの電力を使いたい!」という意思を集め、自然エネルギーの需要の大きさを示し、家庭向け小売自由化を実現するための取組みでもあります。
ぜひ、いっしょに自然エネルギーを選択できる時代への道を開いていきましょう。
(生活クラブHPより)