あゆみ

命と環境と人権を大切にし、安全な食べ物を共同購入する活動の中で生まれました。

暮しの中から生まれた声をもとに政策をつくり、

政治を人まかせにせず、生活をよくする道具として使いこなしたいと考えます。

 

1994.10.・設立総会

1995.4. ・板橋区議選に挑戦、一人の代理人が誕生

1999.4. ・横山れい子初当選

2003.4. ・横山れい子2期目当選

2007.4. ・横山れい子3期目当選

2011.4. ・ローテーションより代理人交代 五十嵐やす子初当選

2015.4. ・五十嵐やす子2期目当選 

________________________________

五十嵐やす子 1期目(2011年〜2015年)の主な実績

1 子宮頸がん(HPV)ワクチン定期接種の勧奨中止を徹底し重篤な副反応を防ぐ取り組み

2 容器リサイクル法の意見書を国へ

3 給食や子どもの生活空間の放射能測定

4 日光、榛名の移動教室における被ばく不安の解消対応

5 地域防災計画へ「女性の視点」を入れることを実現

6 核燃料輸送車の区内通行経路の公表

7 板橋区におけるPPSの取り組みを進め、電力料金の削減を実現

 

________________________________

生活者ネットワークとは・・・

生活者ネットワークは、 ローカルパーティ(地域政党)です。

都議会に3人、区・市議会に 52人の女性議員が、

市民の声を政策決定の場に届け活躍しています。 

生活者ネットワークの議員は、 地域の皆さんと一緒に考え、政策をつくり、

解決に向けともに行動します。

 

議員は交代制(ローテーション) 

生活者ネットワークの議員は、最長でも 3 期12年で交代します。
議員を職業化・特権化せず、世代交代を進めることで 参加の層を広げます。
任期を終えた議員は、市民政治を広げるための 活動や地域活動などに、その経験を活かします。。

 

議員報酬は市民の政治活動資金に。

生活者ネットワークの活動はカンパで支えられています。 
議員報酬は、市民の政治活動資金に活かします。
お金の流れは公開し、政治資金の透明化をはかっています。

 

選挙はカンパとボランティアで!

選挙は、政治に参加する入り口です。 
みんなでお金(カンパ)と知恵や労力(ボランティア)を 出し合い、選挙を行います。